外壁補修

外壁補修

外壁の寿命は外壁に使用している部材にもよりますが、だいたい目安は10年といわれています。

補修のレベルにおいても、中には防水性能に影響を及ぼさないほどの小さなものから、早急に補修を行わないと、家に重大なダメージを与えてしまうものまで様々なものまであります。新築後、10年を目安に業者に依頼をして診断をしていただくことをお勧めします。

外壁の修理・補修で多いといわれているのが、ひび割れによる部分補修(壁にひびが入ること)、コーキング処理(建物の合わせ目やすき間に充填しておくことで雨漏りによる住宅劣化を防ぎます)、サイディングの張替え(サイズの決まったパネル状の外壁素材の張り替え)などがございます。

 

建物の外壁が劣化してきたなと思われましたら、どうぞご相談ください。