屋根工事

屋根塗装工事

屋根材は、太陽光の熱や紫外線でダメージを受けるとはがれてしまいます。使用している屋根材にもよりますが、一般的に新築の場合だと7年~15年だといわれています。

屋根材の塗装がはがれてしまうと、防水機能がなくなったりするため、建物が風雨によって直接ダメージをうけてしまいますので、定期的な屋根材の塗装は建物に長く住むためにも必要なことだといえます。


漆喰補修工事

屋根瓦の間を埋めて固定している漆喰は、年がたつにつれてひび割れたりなど劣化が進みます。

漆喰のの劣化がおこると、雨漏りなどの原因となります。

定期的に補修をすることで、建物の屋根を守ります。


瓦屋根補修

屋根瓦の割れやずれを補修します。場合によっては屋根瓦の差し替えを提案させていただきます。