屋根葺き替え

屋根葺き替え工事

今のお住まいの屋根材(瓦)はがして、新しい屋根材(瓦)に替える工事を言います。このときに、下地である野地板や防水シートも取り換えたり、必要に応じて雨どいなども交換いたします。

最近では耐震対策の一環として、今のお住まいが重い瓦屋根の場合に、より軽い屋根材への葺き替えを行うということも増えています。

お客様のご要望とご予算に応じて、屋根材の選定や施工方法の提案いたします。


屋根重ね葺き工事(カバー工法)

今の屋根の上に、防水シートと新しい屋根材をかぶせる工法のことを言います。

一般的に施行する屋根は、スレートや軽量金属屋根などのような平板の屋根材であれば本工事が可能であり、いまの屋根を一度剥がして張り替える工事よりも、屋根を剥がす時の手間がかかります。一方で、既存の屋根に新しい屋根材を新設することにより屋根の重量が増してしまうので、耐震性などを考慮する必要がございます。 

ご希望をお申し出いただくと、現地調査の際に最適なご提案をさせていただきます。