雨どい補修

雨どい補修

雨どいとは、雨水が建物に入るのを防ぐものです。

屋根を流れる雨水をキャッチして、地面や下水に運ぶ役目があります。

この雨どいの破損をそのままにしたり、掃除を行わないと、雨水が直接建物の外壁を伝って地面に落ちるため、建物の外壁や屋根の腐食につながり、建物自体を傷めてしまいます。

一般的に、雨どいの交換時期は新築の場合だと15〜20年と言われており、外壁塗装や屋根塗装などのメンテナンスを行う時期と同時期に行われることが多いです。